大学院生の雑記帳            〜知識を得るには読書から〜

理系院生のが読んだ本をまとめてます。コメント、トラックバック自由にどうぞ。
<< ガイアの夜明け 闘う100人 | main | 細野真宏の世界一わかりやすい株の本 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?
ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?
ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?
ウィリアム パウンドストーン, William Poundstore, 松浦 俊輔

ビル・ゲイツは「IQこそがすべて」と言ったそうだ。
IQとは、感情的な、古臭い、政治的に正等でない概念だけど
実際僕らは今でも(?)、少なくとも僕が小学生のときは知能指数(IQ)を測る試験を受けさせられた記憶がある。
しかし、その結果が自分達に知らされることはなく、IQが低いことが理由でいじめられたりしないので対して意識はしていないですよね。

IQの試験で用いられるのはパズルのような問題で、そのような問題(実際にはかなりレベルが高く難しいもの)がマイクロソフトの面接でよく(というか全て)用いられており、そのことに焦点を当てている。

IQは本当に試験を受けた人の知能を正確に反映しているのだろうか?
またマイクロソフトの面接で受けるような問題を解けることがIQ(もしくは知能)が高いことを示すのだろうか?ということに反論するのは当然である。「富士山をどう動かしますか?」という問いの答えられたからといっても仕事ができるとは限らないからである。

ではなぜ、マイクロソフトはそのような問題を面接に用いているのか?
本に書いてあるのは、そのような問題を理論的に面接官が納得できるような理由を付けて説明できるような論理的思考力を持っているかを測るためらしい。また、途中で投げ出さずに最後まで問題を考え抜く正確を測ることもできる(らしい)。

一番印象に残ったことはマイクロソフトでの面接の方針というのは
仕事のできる人を探す試験ではなく、仕事のできない人を振り落とす試験ということである。そのためにはものすごく頭がよい(仕事のできそうな)人を採用できなくても仕方がない。
なぜなら、仕事のできない人を雇うことの損失(仕事ができないだけでなく、やめさせることにもお金がかかる)を小さくすることのほうが重視されるからである。

この本はマイクロソフトの変わった試験について述べられているが、最後の1章は100ページ以上を割いてマイクロソフトで出題された問題に解説を付けて載せているので、パズルのような問題の好きな人にはそこだけでも読む価値があるかもしれません。

ちなみにインターネットでもマイクロソフトの試験を見ることができます。
| ashi | 就職 | 11:05 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:05 | - | - |









http://mylife-books.jugem.jp/trackback/4
面接試験を得意技にできる方法!面接官があなたを見るポイント!
さて、実際に面接でどのようなことを聞かれるかわかっても、どのように答えればいいか...
| 東京消防庁採用試験を斬る | 2007/05/11 4:16 PM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ