大学院生の雑記帳            〜知識を得るには読書から〜

理系院生のが読んだ本をまとめてます。コメント、トラックバック自由にどうぞ。
<< 【なぜ、伊右衛門は売れたのか。】の感想 | main | 【他人を見下す若者たち】の感想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
【スープで、いきます 商社マンがSoup Stock Tokyoを作る】の感想
スープで、いきます 商社マンがSoup Stock Tokyoを作る
スープで、いきます 商社マンがSoup Stock Tokyoを作る
クリックでamazonへ

遠山 正道

三菱商事から社内ベンチャーでSoupStockTokyoを起業した遠山正道氏の話。

おどろくべきなのは、遠山氏の卓越した創造力、そしてその説得力である。

社内ベンチャーを作る前の段階で、3ヶ月かけて作成したSoupStockTokyoに関する「スープのある1日」という企画書を作成した。この企画書がこの本には全て載せられているが、この企画書は未来から見たものですでにSoupStockという店が存在するものとして書かれている。そこには、人々の生活にとってどれだけスープがなじみのあるものであり、かつ手軽、ボリューム感といろいろな利点をわかりやすい形で示されている。

この企画書はSoupStockの会社であるスマイルズでは現在ではバイブルとして読まれているようである。

その中の心に残った言葉として

----------------------------
ナイキ、良品計画、東急ハンズなども、もはや変化して行ける素地を持った総合体だと思う。良品計画が民宿を経営したら、泊まってみたい。東急ハンズがハウスメーカーになったら、購入する人のタイプが頭に思い浮かぶ。ベネトンや資生堂が老人ホームを始めたら、将来お世話になるだろう。

SoupStockはスープを売っている。しかし、スープ屋さんでは無い。スープは、感度やコミュニケーションを共有し、ある程度の共通感覚を持てば、次に展開する分子は、ジュースバーやレストランかも知れないし、農業や、ボランティア団体を組織するかもしれない。レコード屋と航空会社が無理なく同居している例を想像すれば、大抵の事には驚かないだろう。
----------------------------

これを読むだけでも遠山氏のすぐれた創造力を感じるだろう。

この本を読んで「この会社で働いてみたい」って思う人はたくさんいるだろうなぁ。

「ほほぉ、読みたくなった」って思った方はクリックお願いします(><)
| ashi | 経営 | 00:24 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:24 | - | - |









http://mylife-books.jugem.jp/trackback/31
東急ハンズ
ハンズネットは株式会社東急ハンズが管理鐔ケ娠弔鬚垢襯轡腑奪團鵐哀汽ぅ箸覆鵑任垢茵ご利用の際には
| 通信販売 Gメン | 2006/09/04 4:47 PM |
ベネトン
ベネトンショップで扱えないような(ワイン  カラーズ など)数多くのベネトン雑貨、グッズ.また、マタニティウェア ベビーウェア 学童用バッグ など外出してのお買物が困難と思われる
| ベネトン 通信販売 Gメン | 2006/09/07 5:57 PM |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

このページの先頭へ