大学院生の雑記帳            〜知識を得るには読書から〜

理系院生のが読んだ本をまとめてます。コメント、トラックバック自由にどうぞ。
<< 【ウェブ進化論】の感想 | main | 【なぜトヨタは人を育てるのがうまいのか】の感想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
【マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術】の感想
マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術
マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術
クリックでアマゾンへ

ジーン・ゼラズニー, 数江 良一, 菅野 誠二, 大崎 朋子

プレゼンテーションをする人のための本。精神論から技術面の話まで幅が広く感じた。

海外では有名な方の本。その人の会社でコミュニケーションを学んだ経験のある人が訳をしている。訳は少し直訳気味でわかりずらいところがあった。


最初から最後まで一貫して主張していることは、「プレゼンテーションは聞き手のことを第1に考える」ということ。

僕も学生としては発表をする機会が多いほうだと思うが、参考にしたいことはたくさんありました。

社会人になったときにまた読みたいなぁって思った本。

「ほほぉ、読みたくなった」って思った方はクリックお願いします(><)
| ashi | スキルアップ | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:18 | - | - |









http://mylife-books.jugem.jp/trackback/28
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ