大学院生の雑記帳            〜知識を得るには読書から〜

理系院生のが読んだ本をまとめてます。コメント、トラックバック自由にどうぞ。
<< 【堀江本】の感想 | main | 【どんな仕事も2割増しでやりなさい―リーダーを目指すなら「最良の部下」になる】の感想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
【ハンバーガーを待つ3分間の値段―ゲームクリエーターの発想術】の感想
ハンバーガーを待つ3分間の値段―ゲームクリエーターの発想術
ハンバーガーを待つ3分間の値段―ゲームクリエーターの発想術
クリックでアマゾンへ

斎藤 由多加

書いてあることは完璧に理系の発想。
物事の本質にあることを抽象化して有効範囲を拡大する。
で筆者のその出力対象がゲームというわけ。
僕も理系なのでこんなこといつも考えてるわけ。
でも集中力がないのでいつも怠けてしまうわけ。

と冗談はここまで(別に冗談ではないけど)。

最近テレビとかに出てくる活躍中の人の話を聞いてると同じように理系的な発想をしている人が多いと感じる。

デザイナーの佐藤可士和(さとう・かしわ)も同じようなことを言っていた。キリンの極生 / 生黒やSMAPのアルバムデザインをやっている人。

理系の人の利点とは、何かを主張するときに理系的発想のほうが根拠として言いやすい(主張しやすい)点にあると思う。

理系のほうが優れているとかそんなことを言うつもりは全くないです。


「ほほぉ、読みたくなった」って思った方はクリックお願いします(><)
| ashi | スキルアップ | 11:14 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:14 | - | - |









http://mylife-books.jugem.jp/trackback/24
「ウケる!発想術」 中島孝志 その1
中島孝志著「ウケる!発想術」について記事を書きました。よろしければ遊びに来てくだ
| 成功者になるための!!オンライン図書館 | 2006/10/06 7:21 AM |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ