大学院生の雑記帳            〜知識を得るには読書から〜

理系院生のが読んだ本をまとめてます。コメント、トラックバック自由にどうぞ。
<< 【情報整理術 クマガイ式】の感想 | main | 【ハチミツとクローバ】の感想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
【決断力】の感想
決断力
決断力
クリックでアマゾンへ

羽生 善治

最近本をかなり読んでいるんですが、書評が追いつきません。
じっくりやりたいと思います。

「決断力」おそらく棋士の中で最も有名な羽生 善治さんが書いた本です。
将棋界始まって以来の七冠を達成したすごい人です。

その人が書いた決断力とはどんなことが書かれているんだろう?と思って読みました。

本の構成としては

第一章 勝機は誰にでもある
第二章 直感の七割は正しい
第三章 勝負に生かす「集中力」
第四章 「選ぶ」情報、「捨てる」情報
第五章 才能とは、継続できる情熱である

です。読んだ感想としては、羽生さんが将棋で学んだことは人生の中でも同じように使えるとは思うのですが、「将棋の天才はこんなことを考えているんだな」といったことのほうが印象深かったです。

棋士というのは何手先まで読んでいるのでしょうか?
あんなに考えているんだからすごく先まで考えているそうですが、10先の状態を予想することはできないそうです。
 
将棋はどこかの大学のえらい数学者が計算したところによると1局の取りうる打ち方は10の30乗もあるらしく、その中で人間が知っている打ち方というのは多く見ても5,6%ぐらいのものらしいです。だとしても半端ない数なのですが、棋士というのはその中から次に打つ手をそれまでの経験から3とおりぐらいに絞りこみそこから最善の次の一手を考えるらしいのです。

常人にはできなさそうですね(´・ω・`)


将棋を打つ人は何を考えてるかよくわかる本

またなんか思いついたら更新します。

「ほほぉ、読みたくなった」って思った方はクリックお願いします(><)
| ashi | スキルアップ | 00:37 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:37 | - | - |









http://mylife-books.jugem.jp/trackback/20
「決断力」〜集中力がある子〜
○このブログをぜひあなたの お気に入りに追加して下さい(1.5秒で完了します!) 決断力posted with amazlet on 05.11.17羽生 善治 角川書店 (2005/07)売り上げランキング: 121おすすめ度の平均: 読む豚カツ(大勝負の前の夜) 名言・格言の宝庫 若き前名人は何
| 本のソムリエ提供!【今日の名言】 | 2005/11/22 7:14 PM |
決断力
決断力羽生 善治角川書店 2005-07売り上げランキング : 79Amazo...
| 創造マラソン | 2005/11/23 6:15 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ