大学院生の雑記帳            〜知識を得るには読書から〜

理系院生のが読んだ本をまとめてます。コメント、トラックバック自由にどうぞ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
【最新 業界勢力マップ】の感想
最新 業界勢力マップ
最新 業界勢力マップ
クリックでAmazonへ

オバタ カズユキ

おもしろそうだなって買ってしまいました(^∀^)

各業界についての最新の勢力についてまとめられています。
各業界とは
   ○インターネット業界
   ○放送業界
   ○宅配便業界
   ○人材派遣業界
   ○消費者金融業界
   ○パチンコ業界
   ○牛丼業界
   ○ハンバーガー業界
   ○中色業界
   ○コーヒーショップ業界
   ○ファミレス業界
   ○居酒屋業界
   ○ラーメン店業界
   ○家電量販店業界
   ○安カジショップ業界
   ○ドラッグストア業界
   ○ディスカウントストア業界
   ○総合カタログ通販業界
   ○飲み物業界
   ○インスタント麺業界
   ○冷凍食品
   ○おもちゃ業界
などです。
各業界について4ページで紹介されていて
  1ページ目に業界の勢力マップ
  2ページ目にその業界の代表的な企業についての説明
  3ページ目、4ページ目にはその業界の年始と主な出来事
について書かれています。

まず、1ページ目はパッと見で知ってる企業の業界での位置がわかったり、「意外にここが大きな会社なんだ」とか思ったり楽しいです。

2ページ目の代表的な企業についての説明は、例えばインターネット業界だと、ソフトバンクグループ、楽天、ライブドア、サイバーエージェントです。
各企業についてチャームポイントと思想と行動に分けられて書かれていますが、思想と行動については社長の生い立ちから企業が大きくなるまでと現在の状況を分かりやすく書いてある感じで、ちょこっと読んでその企業のことを軽く知るには最適。

チャームポイントは読んで意味はないのかも知れませんがおもいしろいです。
例えば
ソフトバンクグループ
なんでもかんでもアンコに包む膨張やまないパン生地みたいなベンチャー魂
楽天
巌の如き面相でも特技は飛切術だったりするサイバーに身軽さ
ライブドア
復讐心を換金欲に変え、すぐに喧嘩を売ってくる丸っこい敵キャラ
サイバーエージェント
言うこと為すこと意外にスポ魂が入っている渋谷系の熱い歩き方

みたいな感じです。企業の微妙な雰囲気が伝わってきませんか?こんな感じでどの業界についても、わかりやすく、しかもおもしろいだけではなくちゃんとした切り口でも書かれているのでいろんな業界について広く浅く知ることができます。

1000円だったので買いでした。
しばらくは僕のパソコンの横に置かれて、ヒマな時間をつぶしてくれる一冊。

「ほほぉ、読みたくなった」って思った方はクリックお願いします(><)
| ashi | 経済 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
経済のニュースがよくわかる本 銀行・郵貯・生命保険編
カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 銀行・郵貯・生命保険編
カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 銀行・郵貯・生命保険編
クリックでAmazonへ、ユーズドがオススメ
1500円以上購入で送料無料!!

細野 真宏


梅雨が明ける地方もあり、いよいよ日本の夏がやってきました。
「ナツイチ」とか集英社でもやってるようにに暑い夏でも本を読んでいきましょう☆

最近自分の私的な用事(一応大学生なので)がひと段落して、ペースをあげようと思っています。これまでは
「この本おすすめ!!」的な感じでしたが。
これからは
「この本は読むな!!」みたいな記事も書いていきたいと思います(訴えられないかな)。
みなさんが読む前に僕が犠牲になるみたいな感じってことで。。。

----------------------------------------------------------------------------------

今回の「この本おすすめ」

先日紹介した「世界一わかりやすい株の本」の細野さんが経済について解説する3冊の本のうちの一冊。

銀行・郵便・生命保険についてものすごくわかりやすく解説しています。なかでも郵便の章については4年前に出版されている本にもかかわらず「郵政三事業の民営化」について解説してあり、郵政三事業を民営化する利点や民営化に反対する人の考えなどについて書かれています。

ほかにも銀行の利子の話や生命保険の保険料の話など、知っておくべき内容が盛りだくさんでした。

ただ途中の章にある「デジタルについて」という章については「なんでこんなことをこの本に書く必要があるの?!」って感じなので、そこは失敗だったと思います。

ページ数は300ページ弱、読みやすさはあいかわらず抜群の本でした。

おもしろさ   ★★★★   (くまがかわいい)
ためになる  ★★★★★  (かなりためになりました)
安さ      ★★       (1000円ぐらいがいいなぁ)

「ほほぉ、おもしろそう」って思った方はクリックお願いします(><)
| ashi | 経済 | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
細野真宏の世界一わかりやすい株の本
細野真宏の世界一わかりやすい株の本
細野真宏の世界一わかりやすい株の本 クリックでAmazonへ
細野 真宏

読みたくて読みたくて本屋で立ち読みしてしまいました。
120ページくらいの本なんでけっこう早く読めます。

この細野さんって方は本職は塾の講師で、今までに数学を題材に
「世界一わかりやすい」シリーズでベストセラーを何本も書いている方です。
僕も受験生のときはお世話になりました。

そのカリスマ受験講師が最近勉強意外の分野で「世界一わかりやすい」シリーズを出しています。

○カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 日本経済編
○カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 世界経済編
○カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 銀行・郵貯・生命保険編

その細野さんの「世界一わかりやすい」シリーズの最新作が

細野真宏の世界一わかりやすい株の本

です。

細野さんは最近体を壊してしまい、それから株について興味を持って自分で株式投資をして4ヶ月で2000万円を稼いだそうです。その経験からこの本を書かれています。

構成は
  第1回 上昇相場に騙されない「株式チャート」の読み方
  第2回 プロにカモにされないための「情報」との接し方
  第3回 個人投資家の"強み"を最大限に生かす「銘柄選別法」
  第4回 "西武鉄道の上場廃止"に学ぶ「情報判断力」の磨き方
  第5回 個人投資家に最も適している「中・長期投資」の考え方
  第6回 株を売買する際の「原則」と「心構え」について
となっています。

相場に騙されない株式チャートの読み方、株式取引のプロと素人の違い、プロの有利な点と僕たち一般消費者の有利な点、株式投資をする際の心構えを”わかりやすく”説明してくれます。

筆者は”受験のプロ”なので、説明のしかたがとても洗練されています。
実際の新聞の記事と株式のチャートを載せて「例題」とその「答え(解説)」といった感じですすんでいくのでとても読みやすく感じました。

この本を読んで「株はギャンブルではないんだな」と思いました。
これから株を始める人も、もう株を始めている人も一度読んでおくといい本です。

「この本読みたい!!」って思った方はクリックお願いします(><)

| ashi | 経済 | 00:23 | comments(0) | trackbacks(1) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ