大学院生の雑記帳            〜知識を得るには読書から〜

理系院生のが読んだ本をまとめてます。コメント、トラックバック自由にどうぞ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
【3万円ではじめるネット株】の感想
3万円ではじめるネット株―「超」少額投資で株入門!
3万円ではじめるネット株―「超」少額投資で株入門!
クリックでAmazonへ

ノマディック

タイトルの『3万円』っていうのは『3万円で稼げる』というわけではなくて『3万円からはじめてみよう』とタイトルの意味のとおりとってください。

なぜ3万円から始めるのかというと3万円くらいだったらためしに始めることのできる金額だからということと、3万円から買うことのできる株の銘柄が増える(十分な数になる)からです。

1万円まででは買うことのできる銘柄は7銘柄
3万円まででは買うことのできる銘柄は50銘柄
10万円まででは買うことのできる銘柄は478銘柄

となるように選択できる幅が広がるのです。10万円はなかなか始めてみようって人には出せませんしね(´・ω・`)

あとこの本には、株を始めるにはかかせないネット取引のやり方についての説明が細かくされています。

僕が参考になったのは割安株の探し方で、PERやPBR、ROEについての説明がとてもわかりやすく感じました。

株がはやってるみたいだし、これからやってみようかな〜って思った人が読むといい本。株初心者向けですね。

「ほほぉ、読みたくなった」って思った方はクリックお願いします(><)
| ashi | | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
【図解雑学 株のしくみ】の感想
株のしくみ
株のしくみ
クリックでAmazonへ、ユーズドがオススメ
寺尾 淳


”図解雑学”シリーズっていうのは科学、法律、経済、歴史、動物など
いろいろなテーマで書かれています。

本の使用としては見開き2ページで1テーマ。
「左のページに文字で解説、右のページに絵で説明」といった感じです。

本の構成は以下のとおり(約230ページ)
1章 株の基本を知ろう!
2章 株の売買はどうやるの?
3章 株価はこうやって見る
4章 株価を左右するのは何?
5章 どんなときにどんな株がいいの?
6章 情報の読み方
7章 株価チャートがわかる
8章 進化する業態

読んでためになったところは
1章 証券所や証券会社について
2章 「指値」、「成行」について
3章 株価の見方
4章 PBR,ROEなどの説明
5章 「日経平均」、「TOPIX」について、円高、円安の意味
6章 会社四季報の見方、ROE、ROA、キャッシュフロー
7章 ローソク足チャートの見方、高値線、安値船
8章 インターネット取引、極意
といったところでしょうか。

やはり、入門書ということは否定できませんが、株について広く浅く知ることのできた本だと思います。

特に株に興味がある人ならば、当然知ってるようなことを知ることができたという点では読んだ意味がありました。株価チャートの見方や四季報の見方なんて誰も教えてくれませんしね。

読んだ感想としては、「やっぱり、絵が多いというのは理解しやすい」ということです。文字だけでは、伝わりにくいことも絵がついていれば伝えたいことがわかりやすいですよね。

株について「今更聞けない」ことを知るためには良い本だと思います。


わかりやすさ   ★★★★ (図が多い)
ためになる     ★★★★★  (しくみがわかった)
安さ         ★★  (1300円)


「ほほぉ、読みたくなった」って思った方はクリックお願いします(><)
| ashi | | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ